陽虹舎の野菜とお米について
 
 
陽虹舎の野菜とお米について


こだわりの “自然栽培” で育てられた、大自然の恵みいっぱい、元気いっぱいの野菜とお米です。北海道の広い大地で愛情いっぱい育った、生命力あふれる本物の野菜とお米のおいしさをぜひ味わってみてください。

陽虹舎の元気野菜

<ここがうちの野菜たちのいいところ!>

★北海道産・・・北海道の広い大地でのびのびと育ちました
★自然栽培・・・農薬も肥料も使っていないから、安心安全!
★元気・・・自然栽培だから、野菜本来の生命力が最大限に引き出されています

 

2012年、積丹農場では、雨不足が続きました。
ですが、野菜たちは、種付け後の干ばつや度々の強風に耐え、土中に備わっている肥料成分を他の草と競争しながらも、自分達で根を伸ばして養分を取り込んで、元気に成長しました。その生命力の強さとは裏腹に、味としてはやさしい甘さを出しています。

栽培途中、成長を近隣の農家さんの畑のものと比べてしまうと、堆肥を入れていない、うちの野菜たちの成長はとても遅かったです。正直なところ、農場で直接野菜たちと関わっている担当者は「安全な肥料を少しだけ、与えた方が良いのだろうか」と思ったこともあるそうです。しかし、ここで安易に肥料を与えることは野菜たちや、畑の土が求めていることなのか、大きく育って欲しいのは人間の欲ではないか等考え直し、肥料を与えずに見守ることにしました。その後もゆっくりとした成長でしたが、無事に出荷できるような大きさにまで育ってくれました。

一般的な栽培であれば、充分に肥料を含んだ土の中に種を植えられて芽を出した作物達は、その後も待っていれば追加の肥料や水が与えられ、農薬散布という形で外敵からも守られて、不自由を感じることなく育っていくのだと思います。「形が良くて、きれいで美味しかったらそれでいいじゃない。」という考えは一般的だと思います。しかし、食物の持つエネルギーが食べた方の身体の細胞に入り込んでいくと思えば、作物に含まれる化学物質は然ること、育つ過程も重要だと思います。見た目の美しさや数値で表される栄養価だけに惑わされず、本物の食物を選んで食して戴きたいと思います。

 

陽虹舎のお米 天龍舞(てんりゅうまい)

北海道・大雪山の雪どけ水で育った自然栽培のこだわり米!

北海道は大雪山のふもと当麻町で大雪山の雪解け水を使い、“自然栽培”と“半不耕起”で育てた大自然の恵みいっぱいのお米です。

「安心・安全は当たり前。
そこから更にどれだけよい米、エネルギー価の高い米を作るか━」

その熱い思いから、試行錯誤の上でこだわりのお米ができました。
稲本来の生命力が最大限に引き出されてできた本物のお米。
違いを味わってみて下さい。



<こだわりのポイント>


田んぼの水は大雪山から流れる雪解け水を使っています。

太陽のエネルギー
密植していないので、一つ一つの稲が太陽エネルギーをたくさん浴びて育っています。

●自然栽培
稲本来の生命力を最大限に引き出すため、人工的な農薬や肥料を一切使っていません。草取りも昔ながらの方法で全て手作業で行いました。

■下記の方法も実践してまいりました。(今年は行っていません)

●冬期湛水(とうきたんすい)
冬の間も田に水をはることで、雑草の繁殖を防ぎながら、春には生き物がいっぱいの田んぼとなりました。命をはぐくみ生物と共存する、生命エネルギーにあふれた田んぼのお米です。

●半不耕起
通常の農法のように田を耕さず、代掻きのみ行った固い土で育てることで、しっかりと根をはって丈夫な稲となりました。力強く育った稲からた元気いっぱいのお米が収穫できました。

  ※代掻き(しろかき)→田面を平らにするとともに,雑草,害虫等の除去を助ける。

 

■生産地 当麻町について
今や、北海道は日本一の米どころとなっています。その中で、当麻町は北海道を代表する優良米の産地です。北海道農協米対策本部による米ランキングでは、7年連続1位の評価を獲得しています。

■陽虹舎の思い
大雪山のふもと当麻町で、私たちが愛情込めて大切に育てました。
農薬や化学肥料はもちろん、有機肥料さえも使っていないので、稲本来の生命力が最大限に引き出されたお米です。自然界のバランスを崩さない、生物とも共存する、地球にやさしい米作りを目指しています。

 
 
 
 トップ  |  会社概要農作物の栽培方法について | 陽虹舎の野菜とお米について | ショップ
 
 
copyright 2012 © 陽虹舎